January 15, 2005

どらちゃんを思う

ちょっとした事情があり妹が長期滞在しているのだが、その妹、私より霊感があるようだ。
「霊感っ!」って程のものでもないかもしれないけど、勘は私より鋭いかな。

(ここから後はちょっとした心霊話に…苦手な方は注意を!) 続きを読む

at 20:01|Permalink 

January 10, 2005

おやじびーちゃん

ハロゲンヒーターのそばを取り合う、妹&カムビー。

img20050110.jpg

そんなのどかな争い風景を眺めていた。

しばらくしてからふと、また目を向けると。。。

img20050110_1.jpg

びーちゃん!
疲れたオヤジっぽい!


結構足長いのね。。。

at 20:21|Permalink 

January 06, 2005

カムカム~!

ドアを全部開放しておくと夜寝る時は大抵私の部屋へ2匹ともやってくる。
というのも、最初に2匹がうちに来た時、最初のゲージを置いた場所が私の部屋だったから。
失敗した。
猫は最初にいた場所から徐々に行動範囲を広げていくから、2匹にとって私の部屋は重要な場所なんだと思う。

ビビが私の布団の中か顔の側に来てしまい、カムカムは悔しがりつつ結局は近くの椅子の上で寝ることになってしまう。
寒さもだけれど、カムが居場所を奪われたように思っては可哀想だ(自分のせいなのだけど)。

いろいろ考えたが、最近はママンがカムを連れて部屋へ入る。
もともとはビビの発情時期、2匹を離しておくためにこうして寝ていたけど、だいぶ慣れたのでそのまま続行している。

カムはレバー式のドアは開けてしまうので、鍵付きのママンの部屋へ。
当初、部屋へ入ってしばらくの間は出たがったので、ママンは遊んで彼の気を紛らわしていた。
そうしているうちにカムカムの頭の中は、夜→人間が寝る前→遊んでもらえる!と関連付いてしまったようだ。。。

ママンが夜風呂から出て、部屋へ入っていくと。。。
img20050111.jpg

どこからかおもちゃを持ってきてベッドの上で待っている!
それもおもちゃと並行だよ!
賢い~!

それから3日連続で、おもちゃを運ぶカムカム、ベッドで待つカムカムを目撃。
かわいいわ。

at 23:59|Permalink